パンフレット制作は東京「ギルマン」|板橋区のデザイン・印刷会社

美しく訴求力のある表現を!03-6909-8612

ページに花が咲く。

【パンフレット制作】東京板橋区のデザイン・印刷ファクトリー GILL-MAN 5つのセールスポイント

◆板橋区の助成金(最大10万円)を利用したパンフレット制作のご案内!

2021.08.26

お知らせ

DMシリーズ第1弾(3月)の絵柄は「桜とメジロ」です。

2021.03.14

お知らせ

【旅と癒しのフォトギャラリー】というブログサイトを新たに立ち上げました。

2020.11.18

お知らせ

東京 板橋区を中心に、パンフレット制作の、お得なキャンペーンを実施中!

2020.05.12

お知らせ

当社の会社案内を創りました。(パンフレット制作を東京・板橋区を中心に)

2020.03.23

お知らせ

【制作事例 紹介】(株)興和製作所さま

2020.03.17

制作事例 紹介

リーフレット作成の、お得なキャンペーン実施中!

2020.03.10

お知らせ

◆クオリティを重視しながら、嬉しいローコストで。【パンフレット制作のギルマンとは?|その5】

2020.02.09

ギルマンとは?自己紹介

◆私達はデザイン事務所と印刷所が合体したスタイルです。【パンフレット制作のギルマンとは?|その4】

2019.12.30

ギルマンとは?自己紹介

◆どんな小さな制作物でも、代表の三輪自らが赴き、窓口に。【パンフレット制作のギルマンとは?|その3】

2019.12.14

ギルマンとは?自己紹介

◆埼玉(東上線の和光市、朝霞、志木等)も最寄り駅です。【パンフレット制作のギルマンとは?|その2】

2019.12.09

ギルマンとは?自己紹介

Copyright © GILL-MAN all rights reserved.

板橋区のデザイン・印刷ファクトリー
GILL-MAN 5つのセールスポイント

1
デザインからコピーライティング、写真撮影から印刷まで、トータルにお引き受けします。
2
ハイクオリティな表現力と豊富な経験で、あらゆる業種のニーズにお応えしていきます。
3
広告アドバイザー:三輪アキラが、親切にフットワーク良く、様々なご相談に応じます。
4
当方、デザイン事務所と印刷所が合体し、質は高く、価格はリーズナブルにをモットーに。
5
板橋区を中心に、地元を愛し、地元の活性化に少しでもお役に立てればと考えております。

●個人様から事業主様、店舗様から企業様を対象に、パンフレット制作・ロゴマーク・ホームページの制作まで承っております。また、地元密着型のスタイルを取っていますが、東京・埼玉またはご遠方からのご依頼でも大歓迎です。

2021.08.26

お知らせ

◆板橋区の助成金(最大10万円)を利用したパンフレット制作のご案内!

助成率80%の、かなりお得な助成金制度です。

板橋区では「営業活動促進事業助成金」という制度が昨年から始まり、板橋区の事業者を利用してパンフレット等を制作した場合、
助成率80%(税込み前の価格での)「最大10万円」の助成金を利用することができます。

現在3次募集が下記日程で行われております。
◆3次申請期間  令和3年8月10日(火)~令和3年9月30日(木)

※詳細はこちら
https://itabashi-kohsha.com/archives/17564

是非この機会にパンフレット等の作成、リニューアルを行われてはいかがでしょうか?
弊社が精一杯お手伝いさせていただきます。

─────────────────────────────────────
例1)★助成金を最大限に利用する場合
125,000円(税別)のパンフレット等の制作を発注した場合
助成金 100,000円(4/5) 実質支払い額 25,000円+税

(サイズ・仕様・部数等のハード部分、
作成クリエイティブのボリュウムによって料金は変わっていきます。
なので、この価格内に収めたい等のご要望をお聞きしながら)

例2)
100,000円(税別)のパンフレット等の制作を発注した場合
助成金 80000円(4/5) 実質支払い額 20,000円+税

例3)
200,000円(税別)のパンフレット等の制作を発注した場合
助成金 100,000円(4/5) 実質支払い額 100,000円+税
─────────────────────────────────────

助成金を最大限利用できて、なおかつ実質支払額をを最小限にできる、125,000円(税別)のパンフレット等の制作をお薦めします。

ご質問等ございましたら、お気軽にお電話下さい。

TEL.03-6909-8612 (9時~19時 土日祝可)

不在の時は留守電にメッセージを入れておいて下さい。折り返しご連絡いたします。

2021.03.14

お知らせ

DMシリーズ第1弾(3月)の絵柄は「桜とメジロ」です。

弊社の得意分野を広くPRする為に、DMの配布を始めました。
その名も「四季の野鳥シリーズ」。美しい写真を、弊社:印刷部門の特色技術を生かして、独自のテイストで表現しています。

表面 : プロセス4色+特色ピンク。4色の内のマゼンダに蛍光インクをプラスしてピンクの発色をアップ。桜のピンクがより鮮やかになりました。


裏面 : 特色4色を使用して、落ち着いたデザインに仕上げています。


イメージを形にしていく。

広告アドバイザーでもある代表の三輪が、御社の個性・魅力を最大限に引き出します。

DMでのPR、4つのポイント

1)対面でのヒアリングをしっかり行い、顔の見えるヒューマンな進行で。

2)企画からデザイン・印刷までを、丁寧にワンストップで。

3)クオリティを重視しながらも、臨機応変に嬉しいローコストで。

4)地元:板橋区に密着し、近くて打ち合わせしやすいフットワークの良さを重視。

 

何かお手伝いできる事がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい。

TEL.03-6909-8612
(9時~19時 土日祝可)

メールの場合は【お問い合わせ】からどうぞ

2020.11.18

お知らせ

【旅と癒しのフォトギャラリー】というブログサイトを新たに立ち上げました。

代表の三輪が大の旅好きで、仕事もそれに類するモノが多く、ここでも旅にまつわるブログも入れてきました。

ただ、今後は【旅と癒しのフォトギャラリー】の方で、これらのモノは展開していきます。
興味のある方は是非ご覧下さいね。

ギルマンではあらゆる業種を扱っていますので、今後ここでは、パンフレット制作やデザイン・印刷にまつわる情報に絞って入れていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ

2020.05.12

お知らせ

東京 板橋区を中心に、パンフレット制作の、お得なキャンペーンを実施中!

さて、コロナ禍の影響で、大変厳しい情況が続いています。
ただ必ずこの情況は落ち着いてくるし、アフター・コロナを見越して勝ち抜く為にも、これからが販促の勝負になってくるかと。

そこで先の「リーフレット作成キャンペーン」に続いて、こちらも行なっていきます。
パンフレットの基本中の基本、A4・4ページと8ページを対象に。
(会社案内や商品カタログなど、様々な用途に対応します)

是非この機会にお創りになられては? かなりお得ですよ(^-^)/

●A4・4ページ(仕上がりA4サイズ)… 150,000円~
●A4・8ページ(仕上がりA4サイズ)… 300,000円~

※企画・デザイン・コピーライト・印刷・納品まで、全て含まれます。
ただし、撮影・レンタルフォト・地図・イラストレーション・特急料金は別途となります。
(100~1000部まで 税別) 

ちょっと気になったら、お気軽にお電話下さい。
TEL.03−6909−8612
(土日祝可 10時~19時)
不在の場合は留守電にメッセージを入れていただければ、折り返しお電話する事も可能です。

メールは【お問合せ】のフォームからお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ

2020.03.23

お知らせ

当社の会社案内を創りました。(パンフレット制作を東京・板橋区を中心に)

メインキャッチは「イメージを形にする」 Shape the Image.

A3サイズの観音開きで、当社のセールスポイントをコンパクトにまとめました。

 

送ることも可能なので、その場合は【お問合せ】からご連絡下さいね(^-^)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ

2020.03.17

制作事例 紹介

【制作事例 紹介】(株)興和製作所さま

 

先日、展示会用のパンフレットとして依頼を受けました。
形態はB4サイズの二つ折り。仕上がりはB5サイズになります。通常の仕上がりA4サイズよりもコンパクトで見やすく、この形態の方が良いのでは?とご提案させていただきました。

コンセプトは「測る精度の高さ」。単に機械を置くのではなく、その「技術力=人」に照準を絞り、撮影も行ないました。

興和製作所さま、ありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ

2020.03.10

お知らせ

リーフレット作成の、お得なキャンペーン実施中!

気軽に創れる、小さな紙媒体を対象に行なっています。
是非この機会にお創りになられては? かなりお得ですよ(^-^)/

●A4ペラ(チラシ型で折はなし)… 90,000円~
●A4二つ折り(仕上がりA5サイズ)… 110,000円~ 
●A4三つ折り(仕上がり210×100ミリ)… 120,000円~ 
●A3観音開き(仕上がり220×106ミリ)… 150,000円~

※企画・デザイン・コピーライト・印刷・納品まで、全て含まれます。
ただし、撮影・レンタルフォト・地図・イラストレーション・特急料金は別途となります。
(100~1000部まで 税別) 

なお、更に大型で本格的な、A4・4ページ、A4・8ページ等も、もちろん承っております。
こちらも現在キャンペーン価格でご奉仕中。

ちょっと気になったら、お気軽にお電話下さい。
TEL.03−6909−8612
(土日祝可 10時~19時)
不在の場合は留守電にメッセージを入れていただければ、折り返しお電話する事も可能です。

メールは【お問合せ】のフォームからお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ

2020.02.09

ギルマンとは?自己紹介

◆クオリティを重視しながら、嬉しいローコストで。【パンフレット制作のギルマンとは?|その5】

「安かろう悪かろう」では、せっかく創ってもイメージが伝わらず、かえってマイナス効果を生んでしまいます。

私達は高い品質を維持しながら、できる限り臨機応変に料金には応じていきます。

また納期までのスパンは、納得のいく仕上がりの為にも、打ち合わせ後、最低でも2ヶ月以上ぐらいの余裕で進めたいと思います。

ただ、余り時間がないという場合には、出来るだけ努力して完成にまでこぎつけますのでお任せ下さい。

ご連絡は【お問合せ】からお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ

2019.12.30

ギルマンとは?自己紹介

◆私達はデザイン事務所と印刷所が合体したスタイルです。【パンフレット制作のギルマンとは?|その4】

その為、窓口は私一つ。なので企画からデザイン・印刷まで、スムーズに進行できます。
また、外部を使わないので、費用的にもとてもリーズナブル。

パンフレット制作をお考えの時は、是非お気軽に見積り依頼されて下さいね。
ご連絡は【お問合せ】からお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラナンマドール遺跡のララ・ポンペイ(ポナペ) プロデューサー】

2019.12.14

ギルマンとは?自己紹介

◆どんな小さな制作物でも、代表の三輪自らが赴き、窓口に。【パンフレット制作のギルマンとは?|その3】

広告アドバイザーでプランナーでもある三輪が、直接お客様の所に伺います。そしてご要望をヒヤリングし、セールスポイントを掴み、お創りになられたいモノを具体的に「形」にしていきます。

実はこれがギルマンの最大の「売り」なのです。

昨今、『安く印刷します』というトコロは多いのですが、それはあくまで印刷だけやっての話。
どんな小さな印刷物であれ、そこには企画からデザイン、コピーライト、そして必要に応じた写真やイラスト等、その前段階があり、それが一番重要で難しいのです。

例えば、
◎どんな形態が良いのか迷っている……。
◎自社のセールスポイントがよく分からない……。
◎気の利いたキャッチコピーがなかなか出ない……。
◎お洒落なデザインにしたいのだけどアイデアがなくて……。
◎写真はプロが撮った綺麗なものを使いたいのだけど予算が……。

これら全てギルマンにお任せ下さい。驚くべき低予算でこれらの事を解決いたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ギルマン代表:三輪アキラ 【ナンマドール遺跡のララ・ポンペイ(ポナペ) プロデューサー】

2019.12.09

ギルマンとは?自己紹介

◆埼玉(東上線の和光市、朝霞、志木等)も最寄り駅です。【パンフレット制作のギルマンとは?|その2】

前回、板橋区が地元とお伝えしましたが、西高島平の他、成増も最寄り駅。都営三田線ともう一つ、東武東上線もとてもよく利用します。
なので一歩先が埼玉。更に武蔵野線もよく利用するので、浦和や大宮等もとても行き易いのです。

やはり余り時間をかけずに打ち合わせに伺える事は、無駄もなく双方にとっても好都合。今後は「埼玉エリア」も大事にしていきたいと思っています。

埼玉の会社さま、個人事業主の方々、是非何でもご相談下さいね。代表で広告アドバイザーの三輪自らが伺い、パンフレット制作や様々な販促物の作成にご協力いたします。

ギルマン代表:三輪アキラ 【ナンマドール遺跡のララ・ポンペイ(ポナペ) プロデューサー】

 

2019.12.04

ギルマンとは?自己紹介

◆東京・板橋区の地元に密着して。【パンフレット制作のギルマンとは?|その1】

さて、ここもまた再開します。しばらく自己紹介のシリーズを掲載していきます。

これまで文京区に居を構えていたのですが、板橋区に越してきて早7年。東京の北にあって、比較的静かな土地柄。近くにはまだ自然もだいぶ残っていて、とても暮らしやすいエリアだなぁと思っています。
そして住めば住むほど、この地に愛着が沸いてきました。

これまで仕事のエリアは南は沖縄の石垣島から海外のリゾートと、幅広く展開してきたのですが、やはり今後は「地元」に軸足を移し、チカラを注いでいきたいです。
フットワークも良いし、すぐに打合せにも伺える事は何よりの利点。

近隣の会社さま、個人事業主の方々、是非何でもご相談下さいね。代表で広告アドバイザーの三輪自らが伺い、パンフレット制作や様々な販促物の作成にご協力いたします。

ギルマン代表:三輪アキラ

 

2018.03.03

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作は確かな印刷技術で。【リーフレット作成のツボ|その12】

パンフレット等の紙モノは、最後の最後、印刷での仕上がりが良否を決めると言っても過言ではありません。
どんなにデータ上、写真が綺麗でデザインが美しくても、ここで明暗が分かれます。それほど印刷技術には差が出てくるのです。

ギルマンは確かな技術を持った磯崎印刷と業務提携しています。なので企画からデザイン、そして印刷までと、ワンスットプで制作を行えますので、とても安心できるかと思います。

2018.02.28

デザイン 印刷のご案内

CI(コーポレート・アイデンティティ)もお任せ下さい。【パンフレット制作のツボ|その11】

会社(お店)のロゴマークを中心とした様々なツール展開をCIと呼びます。名刺に始まって封筒から便箋、各種伝票に至るまで、統一したビジュアルとイメージ展開がベストです。

またこれがあって、初めてパンフレットの個性が浮かび上がってきます。

ギルマンではロゴマークを始め、様々な制作を承っております。

2018.02.26

デザイン 印刷のご案内

一枚のペラものにも役割があります。【パンフレット制作のツボ|その10】

折られていない一枚のペラものは、通常チラシやフライヤーと呼ばれる事が多いです。単価が安くて、気軽に創れて配れるという利点があり、パンフレットを補足する意味でも役割は重要です。

ギルマンではこのチラシも、少ない部数から大ロットの部数まで幅広く対応しております。気軽にお声をお掛け下さい。

2018.02.24

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作は形態をどうするかがポイント。【リーフレット作成のツボ|その9】

パンフレットとリーフレットとの違いからご説明しましょう。

パンフレットは通常A4サイズぐらいで、中綴じのページのあるものを言います。ただ二つ折りの4ページや三つ折りの6ページもA4サイズだとパンフレットと呼ぶ事が多いです。
印刷の付け合わせの関係から、8ページが最も無駄がなくコストパフォーマンスに優れています。

リーフレットは通常中綴じではなく、一枚の紙を折ったものを言います。A4を三つ折りにしたものが一番多くリーズナブルです。このサイズだと郵便でも送りやすい利点もあります。
なお、このサイズで観音開きというものもあります。

ギルマンでは、お客様の要望をじっくりとお聞きし、最適な形のものをご提案いたします。

2018.02.23

デザイン 印刷のご案内

Facebookページもお薦めです。【パンフレット制作のツボ|その8】

ホームページやパンフレット制作と並んで特に大切な媒体はSNS。ツイッターやインスタグラム等ありますが、やはり会社(お店)の情報を提供したりコミュニティを組織していくとしたらFacebookページが最良でしょう。

もうほとんどの会社(お店)がこのページを持ち、様々な施策を行っています。ただやり方は難しいので、是非ギルマンにご相談下さい。
私の管理する【ジープ島/jeep島からの贈り物】で、6年に渡って実績を創ってまいりました。是非ご覧になってみて下さい。

2018.02.18

デザイン 印刷のご案内

ホームページ制作で大切なのは、SEO対策。【パンフレット制作のツボ|その7】

ホームページ(HP)はパンフレットと並んで、会社(お店)の顔になる重要な媒体です。ただし「創っておけば取引先や誰かが見に来るだろう」では、ほとんど意味が無いのです。

HPこそ独自の営業力を持ち、新規顧客を開拓できるチカラを持ちます。その鍵を握るのがSEO対策。簡単に言って、検索結果を上位に表示させる技。

ギルマンではHPの制作と同時に、このアドバイスを伝える事ができます。

2018.02.17

デザイン 印刷のご案内

ホームページ制作は、パンフレット制作と並んで大切です。【リーフレット作成のツボ|その6】

もはや最低必用媒体になったweb。これとイメージを統一してパンフレット制作を行う必要があります。

ギルマンでは、このHPの制作も承っております。そうすればデータも流用でき、とても合理的でリーズナブルです。全て私達にお任せ下さい。

2018.02.14

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作では、意思の疎通がとても重要です。【リーフレット作成のツボ|その5】

どんな形態にするかから始まって、どんなテイストのものを創るか、部数は何部ぐらいか、料金は幾ら位に納めるか等々。

ギルマン代表で広告アドバイザーでもある三輪が、丁寧に話を聞いてから創り上げていきます。
どんな事でもお気軽にご相談下さいね。

2018.02.11

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作では、芯の通った企画力が重要です。【リーフレット作成のツボ|その4】

どういう業種であるにせよ、他にない魅力的なセールスポイントを打ち出す必要があります。
そしてコンセプトやイメージを明確にし、言葉やデザインに落とし込んでいきます。

また、ターゲットの見極めも大切で、顧客の男女比、年齢層、嗜好性を充分に把握する事が効果を生みます。

ギルマンでは、まずしっかりとここからスタートさせ、訴求力のあるパンフレット制作を行っていきます。

2018.02.09

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作では、キャッチフレーズも重要です。【リーフレット作成のツボ|その3】

一行のキャッチフレーズがもの凄いチカラを持つ事があります。それはユーザーに強烈なインパクトを与え印象に残り、セールスポイントを端的に伝えられるからです。

更にパンフレットの制作に不可欠のボディコピー。これも大切な要素です。完結にスッキリと読んでもらえる事が必用です。

ギルマン代表の三輪はコピーライターでもあるので、必ずや効果的なフレーズをお出しできるかと思います。

2018.02.08

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作では、個性的で洗練されたデザインも重要。【リーフレット作成のツボ|その2】

デザインは料理で言えば「盛り付け」で、このセンスによって訴求したい「素材」を生かしていきます。
そして、できるだけ統一された視覚効果が必要です。これがバラバラだとイメージが分散されてしまいます。

パンフレットの制作において、更に大切なのがカラーリング。色の持つチカラは非常に大きいです。シンボルカラーを設定したり、ブロックごとに色分けするなど、見やすく印象に残る工夫を。

ギルマンでは、クライアント様の要望をじっくりと聞き、満足していただける丁寧なデザインを心がけています。

ギルマン代表:三輪アキラ

2018.02.05

デザイン 印刷のご案内

パンフレット制作では、写真の美しさがとても重要です。【リーフレット作成のツボ|その1】

パンフレットやリーフレットの制作において、まず気をつけたいのは、写真の役割がとても重要だという事です。最近はデジカメやスマホで気軽に撮れるようになりましたが、あまりシロウトっぽい写真だと、どうしても見劣りがしてしまいます。

その点ギルマンなら、必要に応じて写真撮影のご要望も承っております。料金はモノによってマチマチですが、かなりリーズナブルに対応しています。

ギルマン代表:三輪アキラ

2017.03.05

M's Blog Cafe SEASON

散歩のように旅をして。富士紀行・前編(河口湖)

【エリア別国内旅 中部 vol.01】0110

いつも想うのだけど、「旅の時間とは不思議なもの」だなぁと。あっという間に虚しく終わっていく日常と違い、濃密で心が果てしなく解放されていく、まさに至福のトキ♪
そう、旅時間というのは、愛おしい程に文学的時間なのだ。

そんな訳で今回から2編に分けて、同じ季節に行った「とある旅の流れ」を語ってみよう。

【とある冬の日】この超忙しい日常の中で、わずか2日でさえも、ひねくり出すのは難しい。でもまた、これがスリリングで面白いんだけどねっ(笑)

さて、どこへ行こうか? 白紙だ・・・。どこへ行きたいのか? どこへ今、心が向かっているのか? この2日という限られた中で行ける、丁度いいボリュームの所とは?
心の中のベクトルをさぐってみる。雪、白、冬の透き通った陽光、居心地のいい宿、個性的な露天風呂、のんびりまったり、そしてさりげない所・・・。

そんな中で、ふと「富士山」というキーワードが浮かんだ。この冬の季節、どんな風に雪化粧しているんだろう?
そういえば、今まであまり、じっくりと富士と対峙した事はなかったなあ。何かあまりにも普通にドーンとそこにあるので、まるで風呂屋のペンキ絵のように通俗的に感じられて、あまり意識が向かわなかったのだ。。
僕にとっての憧れの山、あるいは霊峰と言えるのは、例えば穂高などの北アルプスの峰々・・・。

とはいえ、何か「ピン!」とくるものがあったのだ。こればっかりは、心の勘?
よし!ちょっくら行ってみっか~!! となれば、かなり冷え込むだろうから、部屋や露天風呂からもドーン!と見れて、できたら湖ごしに見たいよなぁ。
・・・という事で、河口湖周辺という旅の計画が、まるでイーゼルに立てかけられた真っ白いキャンバスのように、事前に用意できた。

「へーっ、冬の花火もあるのかー!」「おっ!このホテルなかなかじゃん!♪」「レンタサイクルは?」と、さらさらと鉛筆で軽くデッサンをするように、キャンバスに「アタリ」が入っていく。あとは現地でどういう風に、「行動」という筆で色彩の絵の具を塗っていくかだ。

いい旅は、いい絵を描くようなものだと思っている。

その作品は表に出ることなく、心の中に仕舞われるものだけどね^^ でもこういう風に、ブログで表現してみるのもいいものです (´_ゝ`)y-~~~ 

んっ?一歩中へ入っただけで、なかなかいいホテルだなと感じた^^

正直、僕の旅の志向はあくまで「外」で、あまり「内」にはこだわらない。
ただ、この耳がちぎれんばかりの寒い冬の高原。こういう時は、やはり宿選びは重要なポイントだよね。夏なら、寝場所さえあればいいと! まあ、限りなく外にいたい人なんで ☆[^ー゜]

部屋に入ってみる。お~っ! デッサンでアタリは付けていたんだけど、予想以上にいいねぇ♪ 冬の陽光がキラキラと降り注いでいる。富士も正面だ^^
このホテル、サブネームで「風のテラス」とあったけど、そのコンセプト、GOO!

今回は、富士の刻々と移り変わる「表情」を表現してみたいので、時間軸に沿って展開してみようかと。
初日は雲が多く、富士も哀愁を帯びた顔だなぁ。でも、雲の造形と空の空間が、富士という要素を得て、より雄大に感じられる。

さっそく露天風呂だ! ん~、なかなか^^ 富士との対峙感がいい♪ 大気の冷たさと湯の温かさとの、緊張感のある絶妙なせめぎ合い。
これだよね、これ!(^◇^) ゆったりと、全てのシコリが湯に溶けていく・・・。

外に出てみる。湖面に張った氷が、美しく光を反射していた。氷という概念は、もはやほとんど東京にはない。改めて不思議な感触を探るように、じっと見入っていた。。神秘的なマチエールと、フラジャイルな質感・・・。

雪ダルマも、ひっそりと何かを語っている。

ふと、遊んでいる犬に目が釘付けになった。嬉しそうに躍動する姿。白と光と無邪気さと・・・。こんな時だよな!「犬はいいなぁ」って思うのは♪

バイバイって^^

そして今回、なにげに持っていった一冊の文庫本が、とてもいい形で旅のテーマを彩ってくれた気がする。
角田光代の「恋するように旅をして」(講談社文庫)。

実は以前から、「散歩」と「旅」の違いとは何なんだろう?という、永久に答えの出なさそうね命題?(笑)をかかえていたのだった。

近場の「谷中」は、当然散歩だよね。でもちょっと離れた湘南は旅っぽいよなあ・・・。単純に、日常からの距離なのか? その分岐点て、どこなんだろう? お台場は?葛西は?横浜は? うーん・・・・・・。
その命題がこの本を読んでいて、ふっと解決したような気がした。

彼女は散歩をしに外国へ行っているという。そうか、これだ! 僕の旅も散歩だったんだ!! そして反対に、旅のように散歩をしているんだと! 谷中ですら気持ちの持ちようで、旅になるのだ!! まさに目からウロコ(笑)。
僕の旅のスタイルはこの作家とは全く違うけど、この1点のみ非常に近い気がする。そっか~・・・☆[^ー゜]   
とっても素敵な本なので、機会があったら是非読んでみて下さい♪ 特にその中の、「空という巨大な目玉・モロッコにて」は、絶品ですよ!

それになぜ、自転車旅が好きなのかも、深く深く分かった。現地でのんびりと乗って移動していると、一瞬そこで生活している散歩のような、不思議なデジャブ感を味わえるのです。観光客からも、よく道を尋ねられるしねっ(爆)

自由で気ままで安全で、エコロジカルだし、スポーツライクでもあるし。なんせ、徒歩の10倍ぐらいのスピードで、軽やかなフットワークが生まれる。それで余裕を持って、フランクに旅のスケジュールを組み立てられる。
気に入った店・場所・宿を、実際に自分の眼と勘で「発見!」できるしね! これ、最高!! 荷物は荷台にのっけて、気軽に風と波を追いかける、自転車サーファーのようなノリかな♪

もう国内では、どこででもこのスタイルがやれる。今度は海外でもやってみようかなと。モロッコに、ママチャリがあるかどうか分からないけど(笑)、あの迷路のような街路を、スイスイと行ったり来たりできたら楽しいだろうなぁ(^◇^)

ホテルに戻り、夕暮のひとっ風呂^^ ん~、沁みるねぇ・・・(≧∇≦)
富士の上も少しずつ雲が流れ去り、いい感じになってきた。

松明に火が灯る。心憎い演出だね♪ 炎が風で踊る。竜になったり、ウサギやネコになったりと。。

夕食後、いよいよ冬花火。部屋のテラスから見れるってぇのがいい^^ 花火といえば夏の風物詩。でも冬も悪くない ☆[^ー゜] いやっ、悪くないどころか、澄み切った夜空に、ひときわ鮮やかだ!

そして漆黒の夜を迎える。雲はすっかり取れ、富士も毅然とした表情を見せている。

夜の富士か~^^とても文学的だ♪

星空もくっきりと語りかけてくる。

やがて、ゆっくりと夜が明けていく。

朝日を反射し、富士はシュールな表情を見せる。

ピンクともオレンジとも言えない、あるいはレッドともアンバーとも似つかわしくない、この言葉にできない色彩の極みの中に、陶酔していく・・・。

そして朝。見事に晴れ渡った。曇りがちの昨日とは全然違う表情だ。待望の「逆さ富士」でもある。

この白いマチエール、不思議と味覚を刺激される。・・・僕だけだろうか?

当然、朝風呂^^ 陽光が暖かく、昨日とは全然違う感触だ。湯が何か温かいプールの水のよう。時空を飛び越え、南の島に舞い降りたような・・・。

不思議な湯の国、JAPAN! この国は、まだまだ果てしなく奥が深い♪

更に当然、朝酒^^ 今回は、すぐこの近くで造っている「五光」という逸品。
とにかく、ここの土地の水はいい。さすが湧水の湧く富士の裾野。ホテルの水道の蛇口から飲む水ですら、ヘタなミネラルウォーターより旨いくらい。ほんのりと甘みがある。
で、この「五光」。ん~、「水だね!」 これ、最高の誉め言葉ヽ(´ー`)ノ

富士も笑っている^^

PS.この日はこの後、久しぶりの忍野八海へ向かう。 ここも素晴らしかった! その様子は次回で。

写真&文 by 板橋区の印刷会社ギルマン 代表:三輪アキラ

2016.02.06

お知らせ

デザイン・印刷に関して相談されたい事があれば、お気軽にお電話下さい。

【インフォ お知らせ vol.01】0055

さて、旅の話しの合間に、僕と当社の今後のビジネススタンスを語っておきましょう。
筆頭コンテンツの【5つのセールスポイント】でも述べてますが、ここではそれをもう少し分かり易く、肉付けしてお伝えしようかと思います。

1)全国からの依頼に対応いたします。

地元:板橋から東京、首都圏、そして全国へと守備範囲を広げ、対応していきます。遠い地域では、石垣島のクライアントさんもいらっしゃいます。主にお店のパンフレットを創っております。
今はネットでもやりとりし易いので、充分進めていく事ができます。また、全国を旅しているフットワークで、打ち合わせにもお伺いする事ができます。

2)ホームページの依頼も大歓迎です。

今やパンフレット等の紙媒体以上に、重要なセールスプロモーション(SP)です。当社でも、もちろん得意分野としてお引き受けしております。
またfacebookも併用して活用される事をお薦めしています。使い方や開設の仕方など何でもご相談下さい。

3)小さい規模から大きい規模の仕事まで。

飲食店・医院・ヘアーサロン等から、各種会社・美術館・メーカー等に至るまで。更に小さなもの(小ロットのリーフレット等)から、大きなもの(企画が絡む大ロットのカタログ等)に至るまで、喜んでお引き受けしております。
また、「デザインのみ・印刷のみ」にも対応しています。

4)『デザイン・印刷ブティック』を目指します。

じっくりと丁寧に、クライアント様の要望に沿って一つのものを創り上げていきたいと思います。量より質に重きを置きます。それこそが「ブティック」的スタンスです。そんな顔の見えるヒューマンなお付き合いこそ当社の願いです。

5)より効果の高いものをご提案します。

「村おこし・町おこし」の考え方です。その「地」「商品」「会社」「店」などをよく知る事から始め、まずは的確なセールスポイントを抽出し、個性豊かに表現していきます。そしてより効果が上がり、活気が出てくるSPのお手伝いができたらいいなと思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上、広告アドバイザーの三輪に何でも相談してみて下さい。
TEL.03-6909-8612(9時~19時 土日も可)
不在の場合は留守電にメッセージを入れておいて下さい。後ほどこちらからコールバックいたします。

ギルマン代表:三輪アキラ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA